-----------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------

最新記事の日付を消す

記事の日付を消すことは、以前に書きましたが、
サイドに最新記事を設置していると、そこにも日付が出ます。

それでは、片手落ちですね。

特に物販アフィリエイトをされている方は
毎日記事を書かない限り、どんどん記事は古くなります。


【デザイン】から【コンテンツ】を選んでHTMLを選択します。
 画面の右上にあります。
するとこんなのが出てきます。

最新記事HTML.jpg

5・6・7行目は、1行になっていると思います。
ブログへのアップの都合で改行しました。
その一部を消します。
最新記事HTML1.JPG

赤く囲った(〜〜)の部分を消します。
そのままでも良いですが
消した部分に記号
例えば【 ・  ■  ◆  ☆】を入れておくと
最新記事のタイトル前に記号は表示されます。

最新記事HTML2.jpg

こんな風に変えます。

保存してOKです。
コンテンツ画面で【変更】をしておくと確実です。
以前は、【構築】して確定させることをしていたのですが、
今はありません。
【変更】はしておくほうが良いです。
時々なかなか確定しないことがありますので。

タグ:最新記事

アクセスアップ最強ノウハウ

アクセスアップ、最強ノウハウ

ブログを書いても、サイトを作ってもアクセスが無ければ
なぜサイトを作ったのか意味がありません。
単なる備忘録だというかもしれませんが、
それならネット上に書く必要はありません。
ファイルとして残しておけばよいのです。

アクセスをアップする技やノウハウ、キーワードといったものが
あるようですが、一時的なもので良いのなら
たくさんあります。

でも、もっと根本的なアクセスアップ。
つまり、長い間ひいきにしてもらえる、人気のあるサイトに
したいものです。

これは、最強にして簡単なのですが、根気は要ります。

サイトに来ていただく、見ていただく人に
・いかに感動を与えるか
・なんと便利なサイトか
・いかに役に立つか
ということです。

さまざまな検索エンジンがあり、そこで調べたいことを
入力して見つけてくれるわけですが、
検索エンジンのどこに載せるかは、各エンジンの
意向にかかっています。

先ほどYahooのアルゴリズムが変わったらしいですけれど、
どのように変わろうが、検索をする人に便利なように
作られているはずです。
そして、より専門的な、詳しい、正統的な、わかりやすい、
役に立つ、記事の多い・・・・ということを基準に選ぶはずです。
そうでなければ、良い検索エンジンとは言えないでしょう。


もうお解かりだと思います。
前述したような記事を、サイトを作ればよいのです。

一時的に人気のあるキーワードをちりばめたサイトは
アクセスが多くあるでしょう。
その都度、新しい人気キーワードを探して書きますか?
まあ、それも良いでしょう。
一つの方法かも知れません。
でも最強ではないと思います。

良いサイトは、自ずとアクセスがアップするものです。
そして、トレンドが変わっても変わることの無い
しっかりした記事を書いていれば、人気は下がることなく
安定したアクセスが得られるでしょう。

いかに役に立つかが勝負です。
「give and take」という言葉がありますが、
ブログやサイトに限っては
「give and give」
そして、自分の言葉で、思い遣りをもって書くことです。


最強のアクセスノウハウと聞いて、どんなノウハウかと
思われたでしょう。
なんだそんなことか・・と思ったかもしれません。
どのように受け取られてもかまいませんが、

一時的なアクセスアップなら、いざ知らず、
簡単にアクセスを増やす方法は無いのです。
継続こそアクセスアップの秘訣です。
| アクセス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事日付を消す

ブログの記事の日付を消す。

ブログのカテゴリー、目的にもよりますが、アフィリエイトの際、
物販をされているのなら特に日付を消すほうが良いでしょう。

毎日毎日、新しい物販記事を書くことは無いでしょう。
ある程度の間、長ければ何ヶ月も同じ記事を書いたままでしょう。

記事はだんだん古くなりますね(当然ですが)
記事の日付は無用になります。
というようり邪魔ですね。


Seesaaサインインから
デザイン⇒コンテンツ⇒記事⇒コンテンツHTML編集
と進んで

記事HTML1.jpg


こんな画面が出てきます。
その上から3分の1くらいのところに


記事HTML2.jpg


この赤い四角い部分を消します。
これで日付は出ません。
日付タグを消したので
【h3】を【h2】に、つまり3を2に変えて置きます。

もう一つ
記事下には、投稿時間が表示されますのでそれも消します。
日付を消したHTMLのもうすこし下に

記事HTML3.jpg

赤く四角で囲った部分を消します。


ちょっと見にくいので、消す部分を表示します。
記事HTML4.jpg


これでOKです。
【保存】して【設定】を反映させます。
タグ:記事日付

クリック広告をブログになじませる

ブログはシンプルなほうがいいですね。

広告を張る場合も、シンプルにしましょう。
特にクリック成果保障型の広告は、ブログ内に
なじませるように配置し、カラーも統一するといいですね。

ブログスタイル5.jpg

ブログスタイル6.JPG

この2つのブログ、どちらが自然でしょう?

断然下のほうですね。


ウェブ上のサイト内では、リンクしている言葉や事象が
ブルー系の色になっていることが多い。
【 ■■■■ 】こんな感じです。
下線がついていることもあります。

ブログでも、カスタマイズしないかぎりコンテンツの
「カテゴリー」や「新着記事」「過去記事」などもブルー系。

画像下のほうは、まるでブログの1コンテンツのようにも見えますね。
自然な形でなじんでいます。



Seesaaブログ内で広告をなじませる・・には

「コンテンツ」から「デザイン」を選択して
Seesaaデザイン画面.jpg


スタイルシートがあらわれます。
Seesaaデザインスタイルシート1.jpg

矢印が色の指令です。

ここは、ちょっと慣れないと難しいので
色を特定できるアイテムを使用します。
【パワースポイト】Vectorでダウンロードできます(無料)
ダウンロードページ⇒【Vector:パワースポイト】
ダウンロード⇒ファイルに保存します。
保存はどこでも良いです(マイドキュメントなどに)

マイドキュメントから【パワースポイト】クリックして表示させ、
自分が広告を張りたい場所の上にカーソルを移動させると
カラーコードが表示されます。
パワースポイト1.jpg

♯の後の6桁がカラーコードです。
或は「♯AA0022」とか「♯FF55CC」のように2桁ずつ並んでいる場合は
「♯A02」「♯F5C」と略すこともあります。
また小文字(英字)で書かれていることもあります。
   ※Seesaaは、大文字

これを記録しておいて、スタイルシートから探し出せばいいのです。
こうして探していると、
[blogbody][text][title]などがブログのどの部分かがわかってきます。

ASPやGoogleAdSenseなどの広告タグ取得ページから
広告バナーの背景色やライン色を同じカラーコードに設定して
貼り付ければ、ブログ色となじんだ広告になります。


ブログの各色が濃い色やブルーに近い色のときは、
広告テキストカラーをブルーに設定していても
淡色になることもあります。

クリック広告バナーの張る位置2

クリック広告は上部へ!
あるいは最下部へ!

クリック広告を張る(掲載)場所は、ヘッダー・サイド
テキスト中・フッターが良いという記事を書きましたが、
サイト・ブログを訪問して、最初に見るのは
当たり前ですがトップページ。

そのトップページが開いたときに
ヘッド・サイド・テキストのクリック広告があるのが
効果的だと思います。


Googleの検索を開けると、左サイドに広告がいくつかあります。
その上の方が広告料が高い。
例えば「バラ」と入力して検索するとバラの花の関係サイトが
出てきますが、そのサイドに花を売りたいなどの広告が
たくさん出ます。
広告を出したい人が多くいると、入札になります。
高い入札をした人から上位に広告が出せます。
上の位地が、どれくらい重要かわかりますね。

ヘッドの広告は、まさにヘッドですからOK。
テキストもヘッドの直ぐ下に掲載すると良いです。
サイドも途中ではなくサイド上部の掲載がよいでしょう。
サイトの途中は、記事を読んでいる最中ですから
目が行きにくいかもしれません。

ブログスタイル4.JPG

黄色で囲んだ部分が広告です。


では、一番したのフッター部分はなぜ良いのでしょうか?
記事を読み終えたとき、一息つく、ほっとする。
読んだという満足感などがあります。
さて、次は・・・・・・。
という気持ちなんですね。

クリック広告バナーの張る位置

ブログ内に、クリック広告を張る有効な場所は?

ブログはヘッド・サイド・テキスト・フットで構成されています。
その組み合わせはさまざまで、主なものは

◆両サイドバー
ブログスタイル.jpg


◆左サイドバー
ブログスタイル1.jpg


◆右サイドバー
ブログスタイル2.jpg


これ以外にも、サイドが2列になったものなどもある。


ブログスタイル3.JPG


Google AdSenseの場合

【ヘッダー】リンクユニットの横長タイプ

【サイドバー】広告ユニット&リンクユニットの縦長タイプ

【記事中:テキストエリア】広告ユニット

【フッター】リンクユニット

が適していると言われています。

Google AdSenseをされている方はお判りだと思いますが、
そのほかのASPでクリック広告をお使いの方も参考になると思います。

なお、Google AdSense
【Google AdSense へようこそ 】の最下部に
【最適化のヒント】と言うのがあります。
詳細なヒントがあります。

YouTubeの動画でわかりやすく解説しています。
これは絶対見ておくべきです。

広告バナーの色をブログに合わせることも重要
次回記事にします。


ブログを書く・カテゴリー選び

日常のことをブログに書く・・ここではおいておいて
アフィリエイトのためのブログ作りについてです。

先ず、どんな事柄について書くか決めなければいけません。
趣味、それも自分の趣味はアフィリエイトブログには
最適だとお話しました。

その一つだけでは、よほどでないと思うような収益は上がりません。

あるアフィリエイトを学ぶコースでは、思いついた
カテゴリーをどんどん作っていくというやり方をしているところも
あります。
いわゆるブログの量産ですね。

ただ、「数撃ちゃ当たる」ではないんですね。

カテゴリーの選定はしているのです。

参考になるのは、Yahoo!やlivedoorなどのトップページ
ブログポータルサイトのトップページ
ブログ村などのブログコミュニティーなどなど
コンテンツやカテゴリーがたくさん並んでいるところで
選ぶのも一つの方法です。


kontentukategori.jpg

こういうところです。

ヒントがあると思いますよ。
特に人気のタグは、まさに今人気がある事柄ですね。


どんなときにネットで調べるか?
簡です・・・・困った時です。
ならば、「お悩み相談」的なサイトを見るのも良いと思いますよ。

シンプルなブログ

クリック保証型広告と物販アフィリのような成果保証型広告とを
併用しているブログがあります。

悪いとは言いませんが、あまりオススメはしません。

個人的には、
クリック保証型ならそれだけのブログ
物販なら物販だけにしています。


クリック保障型は、記事カテゴリーのマッチングする必要が
ありますから、記事がどれくらい充実しているかが重要です。
クリック保障型アフィリが「ありき」ではなく
記事が充実していることが先決で、そこにマッチングした
広告が配信される・・・・と言うのが正統だと思っています。


ブログやサイトはシンプルなほうがいいですね。
ブログで記事を書き、他人ひとに見てもらうことが
目的なのか、物を売るのが目的なのかわからないようなブログ
ごちゃごちゃして、心地よい場所ではなくなっていては
良いブログとは言えないでしょう。

見やすいということも、サイトの魅力の一つです。

たくさんの物販アフィリの画像があると、
物販と言うのが見え見えですね。

物販を目的にするなら、物販専門のサイトにすれば良いのです。
その方が、違和感がありません。
最初から買いたいものを見つけにやってきているわけですから。

ブログってそうでは無いですね。

記事を書いて、その付属のように興味のある方は
こんなものもありますよ!くらいの紹介が
マッチング・クリック保障型だと思っています。

シンプルなブログが良いのでは。

クリック成果のブログ

クリック保障成果報酬型のアフィリエイトでは、
ASP:アフィリエイト・サービス・プロバイダから
そのブログに合った広告が配信されます。

これがサイト(ブログ)と広告のマッチングですね。

Google AdSenseをはじめ、さまざまなマッチング広告を
配信してくれるところがありますが、
独自でそのサイトが、どんなカテゴリーで書かれているかを
調査しているわけです。

記事中の言葉(キーワード)を拾っています。

なので、1ブログ内に、いろんなカテゴリーが存在すると
何について書いてあるブログなのかわからないですね。
【日常】とくくってしまうことも出来ますが、
あまりに広すぎる。
【日常】=【生活】ですから
グルメもファッションも仕事も全て日常な訳です。


検索エンジンで何かを探すとき【日常】って入れるでしょうか?
もっと絞った言葉で検索しますよね。

そう!もっと絞ったカテゴリーにするべきです。

私は、日常のことを書くのが楽しくてブログをはじめた。
という方は、それで何の問題もありません。
目的が、「日常を書く」ことで、ブログ仲間と喜怒哀楽を
共有したいわけですから。
それも、良いことだと思います。
アフィリエイトには向きませんが。
これで、毎日10000アクセスある・・というのなら別です。
日常のことを書いていても、そこには何かしら魅力があるのでしょう。
有名人ブログはこれにあたるでしょう。

基本的には1ブログ1カテゴリーが良いと思います。

もっと絞って、1ブログ1キーワードでブログ(サイト)が出来れば
それに越したことはありません。

ブログを訪問する人は、そこに書かれたカテゴリーについて
見に来ているわけですから、そのカテゴリーにマッチした
広告なら、興味がある度合いは高くなることでしょう。


裏返して言うと、カテゴリーを決めたらそれ以外の記事は
書かない・・・というくらいにするのが良いです。
ついつい日常のことを書いてしまいがちです。

特にブログ仲間やコメントなどで親しくなると、
日常のことが気になるところです。

ブログは誰にでも書きやすいという特徴を持っていますが、
書きやすいゆえに、何でも書いてしまうという
アフィリエイトには特化しない方向に行きやすいかもしれません。

ネット広告のこと4

クリック保障成果報酬で
1クリックの単価は、それぞれ違います。

当然と言えば当然。
極端な例ですが・・・
1袋100円のポテトチップスを売るために1クリック50円の
広告料を払っていたのでは赤字です。
300万円の留学プランなら同じ50円を支払っていいでしょう。

ただし一日にポテトチップスを買う人数と留学しようと思っている人数
どちらが多いでしょうね。

誰しも、高額なクリック単価を狙いたいと思うものですが、
クリック頻度も重要なカギとなります。


高額単価だが、クリック頻度が低い
単価は低いが、クリック頻度が高い

どちらを選ぶかは、あなた次第です。

クリック単価は、いろいろなサイトで紹介されているようですが、
ちょっと考えればわかることです。
あなたが広告主になった気持ちで考えてみてください。

この商品を1個売るためにいくらなら広告費を出してもいいか。

新たなサイトを作ろうと思うとき、何について書くか?
どんなサイトを作ろうか?
クリック単価のこと、人気度、書きやすさ(自分に書けるか)
なども考えておかなければいけないことです。
高い単価のカテゴリーサイトを立ち上げたけれど、
何を書いたらよいのかわからない。
そのうち書くことが苦痛になるようなら、意味がありませんね。

単価が安くても、自分に書けるかどうかも頭においておかなければいけません。

単価が安くても、楽しく無理なく書けて、記事数を伸ばし
サイトに訪問していただいた人に「お役に立てる」サイトを
作ったならば、クリック率も上がってくるでしょう。
そのほうが楽しくありませんか!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。